バスロッド

FACT「HFAS-64XULST」はミリ単位で操作できるウルトラフィネスロッド!

投稿日:

FACT「HFAS-64XULST」はミリ単位で操作できるウルトラフィネスロッド!_001

24がプライムビデオから消えてしまうみたいなので、少しずつ見ているんですが、ジャック・バウアーってシーズン1からこんなに傍若無人だったかな?と記憶との違いに戸惑っています(笑)こんばんは。

今回は超軽量リグをミリ単位で操ることを可能にし、トーナメントでのスモールマウスバス戦を支えるウルトラフィネスロッド――EVERGREEN(エバーグリーン)FACT「HFAS-64XULST」を紹介します。

スポンサーリンク

エバーグリーン ファクト「HFAS-64XULST」

使う道具には徹底的に拘り、必要とあらば自らロッドもルアーも作ってしまう拘りの人”福島健プロ”が手掛けるエバーグリーンのブランド「FACT(ファクト)」

そのファクトブランドから、3本目のスピニングロッドとしてデビューするのが「HFAS-64XULST」です。

HFAS-64XULSTは現行のエバーグリーンのバスロッドの中で最もライトなパワー”XUL(エクストラウルトラライト)”が与えられ、更にファクトブランドの特徴である”ソリッドティップ”も、まるでライトゲーム用ロッドのソリッドティップのように、”白い塗装(トップガイドから#1ガイドまでの間)”が施された唯一のロッドとなります。

そんなHFAS-64XULSTは、アンダー1gの軽量なシンカーを用いた超軽量リグをただ扱えるというだけでなく、超軽量リグでも操作感を失わず、ミリ単位で操ることができ、トーナメントという非日常的なプレッシャーが掛かる舞台のように、ルアーをただ軽くしただけでは、小さくしただけではバスからのバイトが得られない、喰わせきれないような難しい状況を打破できるロッド――福島健プロの別次元フィネス戦略を支えるロッドなんだそうです。

また、ソリッドティップの一部を白く塗装したことによって、手に感じるアタリ、荷重の変化だけでなく、手では捉えれないような変化を視覚的に捉えやすくなっており、HFAS-64XULSTは目感度にも優れたロッドになっています。

JB TOP50 第4戦 4位入賞を支えたHFAS-64XULST

これまで桧原湖や野尻湖で行われるトーナメント――スモールマウスバス戦では、ライトリグ用のロッドとして、より繊細なエバーグリーンのライトゲーム用ロッド「ソルティーセンセーション」シリーズを使用していたように記憶している福島健プロ。

しかし、2017年9月8日~10日にかけて桧原湖で開催されたトーナメント――JB TOP50 第4戦では、ソルティーセンセーションシリーズではなく、自らが手掛けた新たな武器「HFAS-64XULST」×2をメインタックルに、見事4位入賞を果たしています!

HFAS-64XULSTのスペック

製品名 HFAS-64XULST
全長 1.94m
自重 97g
パワー XUL(エクストラウルトラライト)
ルアー 0.4-3.5g(1/64-1/8oz)
ライン 2-4lb
カーボン含有率 94%
価格 62,000円

ハイプレッシャーなフィールド、百戦錬磨のビッグバス、繊細なスモールマウスバスを、HFAS-64XULSTで攻略してみてはいかがでしょうか?

バスロッド
,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.