バス釣り用ルアー

神は細部に宿る?OSPルアー(ワーム)の拘りと愛される理由

更新日:


10years standard――10年経っても最前線。それがO.S.Pのスタンダード――を掲げるメーカー「O.S.P」。その言葉通りに、ブリッツやハイピッチャー、ルドラなど10年経った今もアングラーから愛され続けているルアーを、リリースし続けているメーカーです。

OSP発のルアーなら間違いないと信頼厚く、愛用しているアングラーも多いことでしょう。

今回はそんなOSPのルアーの中でもソフトルアー――ワームに込められた拘りを紹介します。

スポンサーリンク

OSPのソフトベイト(ワーム)の拘りと愛される理由

並木敏成プロ監修のもと誕生した唯一無二の自発的アクションを持つドライブシリーズを始め、多くのアングラーに愛用されているOSPのワーム達。なぜ支持されているのか?愛されているのか?

(OSPのルアーが)トーナメントで実績を残しているから?世界の並木こと並木敏成プロやプロスタッフのファンだから?あの匂いが癖になるから?などなど、愛用する理由は人それぞれあるでしょう。

しかし、1番の理由はやはり「釣れるから」ではないでしょうか?

比重のバランスとボディ形状などによって、シンカーの重さどころかフックすらなくとも、ボディをユラユラと揺らしながら、テールを振りながら落ちる自発的アクションに、ベイトフィッシュライクなダートアクションを実現した「ドライブスティック」

様々なリトリーブスピードに対応するだけでなく、巻かずにラインテンションを抜いても真っ直ぐ下に落ちるのではなく、スライドしながら泳ぎ続ける自発的アクションを実現した「ドライブシャッド」など、唯一無二のアクションと存在意義を手に入れ、信頼を勝ち得たOSPのワーム達。

そこには”10年先でも使えるものを作る”そんな強い信念と妥協なき拘り――


OSP初のソフトベイト(ワーム)としてセンセーショナルなデビューを果たした、自他共に認める最強のクロー系ワーム「ドライブクロー」。完成間近、発売へと動きだそうかという段階で金型を新たに作り直したそうです。――100%の性能を発揮させるために。


付いている全てのパーツを動かす、意思を宿らせることを目標とした「ドライブクロー」とは逆に、順手で構成されている多くのパーツとボディを、唯一逆手となっているパーツを動力源にしてアクションさせる、という新たな発想を取り入れた「ドライブシュリンプ」。実は早い段階で開発がスタートしていたにも関わらず、納得できるまで出さないという信念のもと、1度はお蔵入りしかけたという意外な過去も。

――が宿っています。そしてそれは水の中で活きるものにだけではありません。

ユーザビリティも考えたOSPのワーム達

釣れるワームとして圧倒的な支持を得ているOSPのワーム達。しかし、ただ釣れるだけのワームではありません。

誰もが性能を十分に発揮することができるように、魚を釣ることができるように、使いやすさも考えたワームになっています。

例えば、ワームを使う上で大事なことの1つとして、フックを真っ直ぐに刺す、真っ直ぐにセットしてやるということがあります。シャッドテールワームの場合、フックを真っ直ぐにセットしてやらないとスイミング姿勢が崩れたり、真っ直ぐ泳がなかったりする原因に。

OSPのワームはそんなことがないように、そうならないように、フックセットを容易にしてくれるような工夫がなされています。

ドライブスティック


フックをセットする位置によってフォールアクションが変化するスティックベイト「ドライブスティック」


変化するフォールアクションを誰もが演出できるように、フックセットの目安となる穴が3つ(サイズによっては2つ)設けられています。アングラーはこの穴を目安にフックをセットするだけで、好みのアクションをセレクトすることが可能です。


ただし、穴が設けられているのは「ドライブスティック 3.5インチ/4.5インチ/6インチ」の3つ。


最小サイズとなる「ドライブスティック 3インチ」と


派生モデルとなる「ドライブスティック FAT 4.5インチ」には穴はありません。その代わり、かどうかはわかりませんが、フックを真っ直ぐ刺す目安となるセンターラインが設けられています。

ドライブクローラー&ドライブカーリー

頭からフックを刺すリグに比べて、フックを刺す位置を考える必要がある「ネコリグ」「(ジグヘッド)ワッキーリグ」


そのネコリグやワッキー掛けなどでの使用を想定しているOSP発のストレートワーム「ドライブクローラー」


ハチマキ部分にリグごとに最適なフックセット位置を示す”突起物(マーカー)”が設けられており、ネコリグだろうがワッキー掛けだろうが迷うことなくフックをセットすることができ、誰もがドライブクローラーに求めたアクションを引き出すことを可能にしています。


ただし、3.5インチから9インチまで5サイズがラインナップされている中で、ドライブクローラー 4.5インチのみこのポチッとした突起物がありません。もしかしたら、販売時期によっては付いているものがあるのかもしれませんが、少なくとも手持ちと最寄りの店頭で確認したものには付いていませんでした。


また、ドライブクローラーはオフセットフックの使用も想定しており、ボディにセンターライン(正中線)を設けることによって、こちらも簡単にフックを真っ直ぐセットすることができます。


このフックセットを容易にする突起物とセンターラインのアイディアは「ドライブカーリー」にも受け継がれており、


こちらもフックセット位置に迷うことなく、真っ直ぐ刺すことができます。

他にもフッキングを助けるスリットや針先を隠す、ホールドする工夫が、またこれら以外のワーム達にも施されています。

パッケージ

OSPのワームのパッケージをきちんと見たことがあるでしょうか?パッケージもまた、アングラーのことを考えたものになっています。


OSPワームのパッケージには、中に入っているワームの製品名やカラー名と共に、推奨フックサイズも書かれているのです。更に、リグに応じた最適なフック位置を示す突起物があるドライブクローラーの場合、どの突起物がどのリグに対応するかまで記されています。

そのため、OSPのワームは購入してそのまま釣り場まで持って行ったとしても、初めて使うワームだったとしても、迷うことなく推奨されるフックをセレクトすることができるのです!

そんな至れり尽くせりなOSPのワームだからこそ、信頼され、愛されているのでしょう。

愛用している方はもちろん、まだ使ったことがないという方は、この機会にぜひOSPのワームを導入して、バス釣りを楽しんではいかがでしょうか?

OSPルアー達が持つ唯一無二の性能の秘密について、詳しく知りたい方はフリーペーパー「O.S.Pジャーナル」を読もう!

他に類を見ないO.S.Pルアーに搭載された構造:OSPジャーナル vol.17
フロッグ&ソフトベイトにまた新機構を搭載:OSPジャーナル vol.18

バス釣り用ルアー
,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved.