タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

バリスティックTZ NANO(ナノ)がきたー!ヤマガブランクス会心のシーバスロッド

     シーバスロッド  

yamaga_blanks_ballistick_tz_nano_001

ダウントンアビーのシーズン4を毎週楽しみに見ています。またしてもみんな大好きベイツさん(というよりアンナ?)に嫌なことが起きそうで心配です。こんばんは。

今回はYAMAGA Blanks(ヤマガブランクス)から2016年、フルモデルチェンジを果たして新発売となるシーバスロッド「Ballistick TZ/NANO(バリスティックTZナノ)」を紹介します。

スポンサーリンク

ヤマガブランクス「バリスティック TZナノ」

バリスティックTZ NANO(ナノ)がきたー!ヤマガブランクス会心のシーバスロッド
ヒラスズキモデルに続いてフルモデルチェンジとなるヤマガブランクス シーバスロッドのフラッグシップモデル「バリスティックTZナノ」

バリスティックTZナノはTZ/NANOの名を持つ他のロッドと同じように、Fujiの最新のガイドリング「トルザイトリング」と、東レのナノアロイテクノロジーを採用した「ナノブランク」を新たに採用したシーバスロッドです。

しかし、ナノブランクとトルザイトリングの採用に合わせて前バリスティックをリファインしたものではありません。

バリスティックTZナノはこれまでとは異なる新しいアプローチから生まれたという完全新作のロッドシリーズとなります。

ガイド&リールシート

ガイドは軽量なチタンフレームガイドにトルザイトリングの組み合わせ。ただし、トップガイドはラインの消耗を抑えるフランジ型のトルザイトリング「トルザイト-F」を採用しています。

リールシートはFujiのVSS16VSS17(共にアップロック)を機種に合わせて採用。具体的にはダイワの3000番クラス、シマノの3000~4000番クラスのスピニングリールが推奨されているロングレングスかつパワーのある96MMH102MHの2機種がVSS17採用。残りの機種は全てVSS16。

グリップ周りのデザインも前モデルからは一新され、今風のEVAのセパレートグリップタイプとなっています。派手すぎないヤマガブランクスらしいシンプルなデザインです。

ラインナップと価格

新生バリスティックTZナノのファーストラインナップは控えめな7機種。

73ML
86L
86M
92ML
94M
96MMH
102MH

価格は46,000~58,000円と前モデルから大きくアップ。ヤマガブランクスのロッドは割引率が低いため、この価格でも他社のフラッグシップモデルとガチンコでぶつかる価格帯となりそうですね。

果たしてどうなるか?ヤマガブランクスの真価が問われることになりそうです。

スペック・発売日

製品名 全長(m) 継数 自重(g) ルアー(g) PEライン(号) カーボン含有率(%) 価格(円)
73ML 2.22 2 未定 5-24 0.6-1.2 99.8 46,000
86L 2.605 2 未定 4-21 0.6-1.2 99.8 48,000
92ML 2.79 2 未定 5-24 0.6-1.2 99.8 52,000
86M 2.605 2 未定 6-32 0.8-1.5 99.8 53,000
94M 2.85 2 未定 6-35 0.8-1.5 99.8 55,000
96MMH 2.91 2 未定 8-38 1.0-2.0 99.8 56,000
102MH 3.11 2 未定 8-42 1.0-2.0 99.8 58,000

発売は下の4機種(86M / 94M / 96MMH / 102MH)が2016年2月末、上の3機種が(73ML / 86L / 92ML)が2016年秋頃を予定しているようです。

新しいシーバスロッドの導入を検討している方、これから本格的にシーバスゲームをやってみようと思っている方、バリスティックTZナノを候補として考えてみてはいかがでしょうか?

ヤマガブランクス シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます