タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ダイレクトスティックで直リグ(チェリーリグ)を自作してみよう!

     フック・シンカー  

  • ダイレクトスティックで直リグ(チェリーリグ)を自作してみよう!

以前、こちらの記事で紹介した直リグが簡単に自作できる便利アイテム アクティブ「ダイレクトスティック」。今回は実際にダイレクトスティックを使って直リグ(チェリーリグ)を自作してみたいと思います!

スポンサーリンク

ダイレクトスティック

Aタイプ(リング無フック用)とBタイプ(リング付きフック用)の2種類があるダイレクトスティック。今回使用するのはリング無フック用のAタイプです。

  • ダイレクトスティックで直リグ(チェリーリグ)を自作してみよう!_002
  • ダイレクトスティックには2つのリングがあり、上側の小さいリングがラインアイ、下側の大きなリングがフックをセットするためのリングとなっています。

  • ダイレクトスティックで直リグ(チェリーリグ)を自作してみよう!_003
  • まずはお好みのフック(フックの推奨サイズは#2~#2/0)をダイレクトスティックにセットしていきます。このとき大事なのは画像のように針先が下になるように通すことです。こうすることで――

  • ダイレクトスティックで直リグ(チェリーリグ)を自作してみよう!_004
  • フックをリングにセットしたときに針先が上向きになります。

  • ダイレクトスティックで直リグ(チェリーリグ)を自作してみよう!_005
  • 次にシンカーをワイヤーに通します。

  • ダイレクトスティックで直リグ(チェリーリグ)を自作してみよう!_006
  • そしてワイヤーを好みの長さ――チェリーリグを提唱する荻野貴生さん曰く「2.5~3cmがベスト」――に切ったらシンカーが脱落しないようにワイヤーの先端を曲げます。

  • ダイレクトスティックで直リグ(チェリーリグ)を自作してみよう!_007
  • これで完成です。

    もしフックがダメになった場合は、折り曲げたワイヤーの先端を再び真っ直ぐに戻すか、ワイヤーを切ってしまってシンカーを外します。その後、フックを交換してやればOKです。ただし、何度も交換を繰り返すと金属疲労で強度が落ちることになります。

    他にもワイヤーをリング付近で切断し、スティックタイプのシンカーをリングに取り付ければ、通常の直リグのように使うこともできるかもしれません。

価格

市販のリング付きオフセットフックとダイレクトスティックで自作した場合の価格を比較してみたいと思います。
フックはフックサイズによって入数が異なるので、比較するフックはダイレクトスティックの推奨フックサイズである#2~#2/0あたりの価格を参考にします。

カルティバ 直リグ リングドフック

フックサイズ
#1、#1/0
入数
5
価格
300円
1個あたり
60円

Nogales フッキングマスター リングオフセット

フックサイズ
#3~#1/0、#2/0
入数
4
価格
450円、480円
1個あたり
112.5円、120円

ジャングルジム リングロッカー

フックサイズ
#3~#1/0、#2/0
入数
5、4
価格
400円
1個あたり
80円、100円

ダイレクトスティック

入数
6
価格
300円
1個あたり
50円

市販のリング付きオフセットフックでは直リグ リングドフックが最も安い60円。最も高かったのがフッキングマスター リングオフセットの120円。これはスイベルが付いている分……でしょうか。

ダイレクトスティックは1個あたり50円でした。これにフェロモンチェリー(チェリーリグ)に標準装備されているがまかつ WORM322(1個あたり約43円)を使用すると約93円となります。ということは、市販のリング付きオフセットフックより安くなるどころか直リグ リングドフックよりも高いという結果となりました。

ただ、ダイレクトスティックは自分の好みのフックとフックサイズを選ぶことができ、また再利用することができることもあります。その辺を好みに応じて選んではいかがでしょうか?

<追記>

フェロモンチェリー(WORM322)

フックサイズ
#2~#2/0
入数
3
価格
540円
1個あたり
180円

アクティブ ブラックバス ロックフィッシュ チニング(チヌ・キビレ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます