タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

MTCW「ラインローラー零」で14ステラ・16ヴァンキッシュ等の問題解決!?

     スピニングリール  

MTCW「ラインローラー零」で14ステラ・16ヴァンキッシュ等の問題解決!?

今回はリールのカスタムパーツやメンテナンス・チューニングオイルなどをリリースしているメーカー「M.T.C.W」から、2016年新発売のスピニングリール用カスタムラインローラー「零(ゼロ)」を紹介します!

スポンサーリンク

MTCW「ラインローラー零」


日本トップクラスの旋盤技師(技能士?)が特殊な製法によって限界まで削り出したというカスタムラインローラー「零 – ZERO -」

ライトライン専用設計となるカスタムラインローラー「零」は、素材に超ジュラルミンを採用し、0.3gと軽量でありながら高い剛性を誇るラインローラーです。

そして、リトリーブしているときにはしっかりと回転し、リトリーブをストップしたときにはしっかりと止まるラインローラーになっており、その優れた回転性能はドラグ性能の向上にも寄与。

また、糸ヨレを減少させ、しっかりと綺麗に巻き取ることによって、ストレスなく次のキャストを行うことができ、アジングなどで多用される1g未満の軽量ジグヘッド等の超軽量ルアー・リグを使用したときなどに起こるライントラブル等も抑制。

更に、巻き感度の向上にも期待できるそうです。

カスタムラインローラー「零」は、軽量なルアー・極細PEライン・エステルラインを使用し、高い感度が要求されることもあるアジング・メバリング、エリアフィッシングなどを嗜んでいるアングラーにオススメのラインローラーとなっています。

それでは、ラインローラー「零」の特徴・使用感を解説してくれる動画を見てみましょう。

MTCW「ラインローラー零」の特徴を動画で解説!


メーカーが謳うカスタムラインローラー「零」の特徴

  • ライントラブル軽減
  • リール感度向上
  • ドラグ性能向上
  • 飛距離向上
  • ラインヨレ減少
  • リール差別化
  • ライトウエイトに最適

MTCW「ラインローラー零」で14ステラ・16ヴァンキッシュ等の問題解決!?

14ステラ以降、シマノの少なくないスピニングリールに採用されている防水効果を高めるという「コアプロテクト」

ただ、コアプロテクトによって守られているはずのラインローラー部のベアリングが錆びたり、シャーシャーという異音が発生するようになったという報告も少なくありません。

そのため、14ステラであれば前モデルとなる10ステラのラインローラーを移植し、オイルをさして使用している人もいるとかいないとか。

今回紹介するラインローラー「零」は、そんな悩める14ステラを始めとしたシマノのスピニングリールに適合する2BB仕様のラインローラーであるため、もしかしたらコアプロテクト採用モデルのラインローラーに悩まされている人の救世主になるかもしれません。ならないかもしれません。

MTCW「ラインローラー零」のスペック

製品名 零 – ZERO –
自重 0.3g
カラー ガンメタ / ゴールド
シマノ対応機種 04~14ステラなど1000~3000番以下のスピニングリール(※1)
ダイワ対応機種 リアルフォー機種 2506番以下のスピニングリール(※2)
価格 5,500円

※1 ツインパワー・カーディフなど未対応機種があります。購入する前に自分の使用しているスピニングリールが対応しているかを確認しておいた方がいいでしょう。

※2 マグシールドの有無は関係ありませんが、旧プレッソ・月下美人などラインローラー形状を確認する必要があるモデルもあるみたいです。なので、事前に問い合わせておいた方が無難かと思います。

カスタムラインローラー「零」には最初から2つのベアリングが組み込まれた2BB仕様になっているため、零用に新たにベアリングを購入する必要はありません。好みのベアリングが使いたいという場合は別ですが。

14ステラなどのラインローラー部のコアプロテクトやダイワのマグシールドに悩まされている方、アジング・メバリングなどのライトゲーム、エリアフィッシングを嗜んでいるアングラーの方、MTCWのカスタムラインローラー「零」を導入してみてはいかがでしょうか?

ダイワ/DAIWA シマノ/SHIMANO MTCW アジング・メバリング トラウト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます