タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

OSP「ドライブホッグ」の使い方はダウンショットが最適!?フックサイズと重さまとめ

     バス釣り用ルアー  

OSP「ドライブホッグ」の使い方はダウンショットが最適!?フックサイズと重さまとめ

今回はO.S.Pから2016年待望の新発売となるドライブシリーズ初のホッグ系ワーム「DoliveHog 2.5″(ドライブホッグ 2.5インチ)」を、推奨フックサイズなどと共に紹介します。

スポンサーリンク

OSP「ドライブホッグ 2.5インチ」

OSP「ドライブホッグ」の使い方はダウンショットが最適!?フックサイズと重さまとめ
自発的アクションがブラックバスとアングラーを強烈に魅了する、OSPが誇るソフトベイト”Dolive(ドライブ)”シリーズ最新作となる「ドライブホッグ」。そのルアーネームから分かるように、シリーズ初、OSP初となるホッグ系ワームです。

ドライブホッグは、ドライブの名を冠した新規ワームとしては異例の”2.5インチ”というかなりコンパクトなサイズのワームとなっています。これは近年どんどんプレッシャーが高まっている日本のフィールド、オカッパリでの状況を考えてのサイズ設定。

ただし、当然ながらドライブホッグ 2.5インチはただのコンパクトなワーム、コンパクトなホッグ系ワームではありません。

フラスカートやパドルなどが生むライブリーアクション

ドライブホッグ 2.5インチはコンパクトなサイズながら、長さの異なる4対のレッグ(足)、大きなパドルツインカーリー、そしてフラスカートと小さな体に豊富なパーツを装備しています。

非常にソフトなマテリアルとパーツごとにアクションを追求したというパーツが組み合わさることによって、ドライブホッグ 2.5インチは小さくても十分なアピール力、ドライブシリーズならではのバスのバイトを誘発するライブリーアクションを実現しています。

フラスカート

OSP「ドライブホッグ」のフラスカート
触った感じではかなりソフトながら、適度な張りをもたせたというドライブホッグのフラスカート

大きくアクションさせれば、イメージ通りのフワフワとした艶めかしいアクションを生み、細かいシェイクであれば、そのシェイキングに合わせるようにピリピリとした機敏なアクションを魅せてくれます。

ダウンショットリグで使用する際には、このフラスカートが抵抗になることによって、フォールスピードをスローにすると共に、ボディ全体をブルブルブルブルッと震わせるほどの効果を発揮します。

レッグ

OSP「ドライブホッグ」の4対の足のアクションが意外
長さの異なる4対のレッグもこの大きさの割にはソフトで、長さによってそれぞれ異なるアクションを魅せてくれます。

最も長い足がシェイキングに合わせて想像以上に大きく上下するのに対し、他の3対の足は長さが短くなるにつれてアクションが小さくなり、ハイピッチなアクションになっていきます。

パドル

OSP「ドライブホッグ」のパドルのアクションが凄い
1対の大きなパドルは、細かくシェイクしたときにはピリピリピリッとしたアクションを魅せるのに対し、強くアクションさせたときには、万歳をするかのようにパドルを大きく上下させ、2.5インチのコンパクトサイズとは思えない強い水押しを実現しています。

ツインカーリーテール

OSP「ドライブホッグ」の触角
先端がカーリーテールになっているドライブホッグの1対の触角。細かくシェイクしたときには、カーリー形状の部分はピリピリとしたアクションなのに、全体はゆっくりと上下するようなゆったりとしたアクションという異なるアクションを演出可能。

ドライブホッグはノンソルト

ドライブホッグ 2.5インチは、ドライブシリーズとしては珍しく、スペック2でもないのにノンソルトの低比重素材が採用されています。

これはドライブホッグ 2.5インチをダウンショットリグで使用した際に、パーツの重さやワーム自体の重さで、ダラ~ンと垂れ下がってしまわないようにするためのセレクトになります。

ドライブホッグのこの垂れ下がらない、水平姿勢をキープしてくれるというのが、ダウンショットリグで使用したときのキモになるようです。

また、ノンソルトなのでフックやジグヘッドに刺しっぱなしにしておいても、錆びる心配は少ないかもしれません。耐久性に関してはソルト入りよりも高そうな気がしましたが、柔らかい素材ですから、どうでしょうかね。

ドライブホッグの使い方とチューン

ホッグ系ワームというとテキサスリグやラバージグのトレーラーとして愛用されるワームのようなイメージがあります。ドライブホッグ 2.5インチもそれに違わず、使い方としてテキサスリグや直リグが推奨されていますが、その中でも特にダウンショットリグがオススメのリグとなるようです。

ドライブホッグのダウンショットリグでのフォール中に魅せる、ボディ全体を震わせるほどのブルブルとしたアクション。シンカー着底後にフワッとボディが水平になり、一瞬動きを止めてからゆっくりとフォールしていく。

この緩急のついたドライブホッグのフォールアクションはかなりヤバそうです!

また、ドライブホッグはフラスカートが付いているので、ジグヘッドリグで使用するとジグっぽく使うことが可能です。逆にフラスカートや足を取ってしまってラバージグ(スモラバ)のトレーラーとして使用するのも良さそうでうsね。

他にもパドルや足などのパーツを取ってしまってゲーリーヤマモトのイカのように……イカと違ってノンソルトなので、これはどうでしょうか……。

ドライブホッグの使い方、推奨リグ:ジグヘッドリグ、スプリットショットリグ、ダウンショットリグ、テキサスリグ、直リグ、キャロライナリグ、ラバージグ(スモラバ)のトレーラーなど。

ドライブホッグのカラー

ドライブホッグ 2.5インチのファーストカラーラインナップは4色……?びっくりするほど少ないですね。

グリーンパンプキンペッパー
ライムチャート
スモークペッパー&コパーフレーク
ライトウォーターメロン・レッド&ペッパー

 

ただ、この4色に加えて8色ほどがラインナップされる予定みたいなので、

ウォーターメロンペッパー
シナモン・ブルーフレーク
ブラック・ブルーフレーク
モエビ
テナガ
ナチュラルピンク
エビミソ
抱卵エビ

今後、追加カラーとして登場するのだろうと思います。

個人的にはテナガ、ブラック・ブルーフレーク、ナチュラルピンクあたりが欲しいですね。

ドライブホッグの推奨フック・フックサイズと重さ

推奨フック 推奨フックサイズ
TNSオフセット or DASオフセット #2~#1

ドライブホッグ 2.5インチの推奨フックは、OSP代表の並木敏成プロプロデュースのオフセットフック「FINA:TNSオフセット」か、青木大介プロプロデュースの「FINA:DASオフセット」

推奨フックサイズは#2~#1

ドライブホッグ 2.5インチの重さは約3.7gでした。分かり次第追記します。

スペック・発売日

製品名 ドライブホッグ
全長 2.5インチ
入数 5
価格 770円

ドライブホッグ 2.5インチの発売日は2016年4月下旬頃を予定しているようです。もうまもなく手に入れることができそうですね。しかし、初出荷分はカラーが少ないため、入手難度がかなり高いかも知れません。

運良くドライブホッグ 2.5インチを手に入れることができた方は、思う存分楽しんでください!

O.S.P ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます