タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

NEWエクスセンス「S902ML/F-3」大本命が遂に登場!泉裕文監修ロッド!

     シーバスロッド  

2014年、S810ML/RとS903ML・MH/Fの2機種が先行発売となったシマノシーバスロッドのフラッグシップモデル「NEW EXSENCE(ニューエクスセンス)」

2015年新たに追加となる3機種のうちS902ML/AR-C Tuned AR-Cの後継機となる1本「S902ML/F-3 – Technical Pathfinder(テクニカルパスファインダー)」を紹介します!

スポンサーリンク

S902ML/F-3

  • NEWエクスセンス「S902ML/F-3」大本命が遂に登場!泉裕文監修ロッド!

シーバスフィッシングを嗜むアングラーから人気のメーカーであり、アングラーであるコアマン代表泉裕文さん監修となる「S902ML/F-3」

前モデル同様にNEWエクスセンスシリーズ唯一の3ピース仕様(AR-Cジョイントではない?)。各ピースはキャスティング・アクション・フッキング・ファイト時と釣りの一連動作を快適に行える仕様となっているようです。

またフィールド適合目安表を見ると磯とサーフ以外ならどこでも使いやすいロッドのようです。

ソフチューブトップ

S902ML/F-3にはエクスセンスシリーズとしては初めて、チューブラーならではの高い感度と優れた操作性を持ち、ソリッドティップに迫るしなやかさをも兼ね備えた”ソフチューブトップ”を採用しています。

これはシーバスのバイトを弾くことなくノセることができ、掛けたシーバスはバラさない、そんなロッドを求めて磯竿「ボーダレス380T」を使用していた泉さんらしいセレクトではないでしょうか。

エクスフィットシートCI4+

リールシートにはエクスセンスのために新開発されたエクスフィットシートCI4+が採用されています。軽量かつ高剛性を謳う最先端カーボン素材CI4+を使ったリールシートに、アルミ素材を使ったフードをセッティング。

キャスト、操作、フッキング、ファイトと全ての動作においてアングラーとロッドとを繋げ、最も長い時間触れることとなるリールシート。手に持った瞬間ピタッと吸い付くようなしっくりくるリールシートを目指して作られているようです。

S903ML・MH/F – Black Envelope 903監修の嶋田仁正さん曰く「人差し指でも親指でも、持ち方に関わらず肘や手首への負担が軽減。そのフィット感は操作性や感度を大幅に向上しています」らしいです。

トルザイトリング

SiCよりも薄く作ることができる”トルザイトリング”も新採用(ガイドはチタンフレームKガイド)。シーバスロッドとしてはメーカー初となります。

このトルザイトリングの採用により、これまでと同じガイドサイズであれば内径が広く、重量は軽く、飛距離と感度の向上が期待できます。

スペック

発売は2015年3月を予定しているそうです。

製品名
S902ML/F-3
全長
2.80m
継数
3
仕舞寸法
99.2cm
先径/元径
1.5/13.5mm
ルアー
4-25g
ライン
0.4-1.2号
価格
64,000円

泉さんファンはもちろん、それ以外の方も、ハイエンドロッドを探している方はNEWエクスセンス「S902ML/F-3」を選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?

シマノ/SHIMANO エクスセンス シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます