タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

15セフィアBBが異次元の軽さ!この価格でアンダー100gのロッド

     エギングロッド  

エギングを嗜むアングラーの皆さん、もうシャクっていますか?私はまだ秋は1度も行っていないのですが、そろそろ1度くらい様子を見に行きたいなと思っています。

今回はそんな秋のエギングシーズンにもオススメな、SHIMANO(シマノ)から2015年新発売となるエギングロッド「15 Sephia BB(15セフィアBB)」を紹介します!

スポンサーリンク

シマノ「15セフィアBB」が軽すぎる!

15セフィアBBが異次元の軽さ!この価格でアンダー100gのロッド
11セフィアBB Rから4年ぶりにフルモデルチェンジとなるエギングロッド「15セフィアBB」

15セフィアBBは1万円台前半という安価な価格で購入できるエントリーモデルでありながら、アンダー100gを実現!

その軽さはシマノの最軽量ロッドとなる上位機種「セフィアCI4+」に匹敵する軽さであり、

製品名 15セフィアBB セフィアCI4+
S803ML 89g 89g
S806ML 93g 91g
S803M 93g 91g
S806M 97g 94g
S806MH 105g 98g

「セフィアSS R」は言うまでもなく、シマノのエギングロッドのフラッグシップである「セフィア エクスチューン」よりも圧倒的に軽いのです!

長時間シャクり続けることとなるエギングにおいて、この15セフィアBBの軽さが大きな武器となることは間違いないでしょう。

ではなぜ15セフィアBBはそれほどまでに軽いのか?それは――

ブランク&ガイド

15セフィアBBはエギング専用ロッドとしては最も廉価なモデルでありながら、軽量な弾性率の高いブランクを採用しています。

残念ながらシマノが誇るハイパワーXやスパイラルXは採用されていませんが、従来の廉価モデルとは一線を画す振り抜けの良さとシャクり易さを実現しているようです。

また15セフィアBBのガイドはステンレスフレームガイドながら、ハイフレームの小口径ガイドを採用することによって大幅な軽量化を成し遂げているようです。

更に糸がらみも少なく、綺麗にラインが収束することによって、飛距離も期待できそうです。

落ち着いたデザインに

15セフィアBBはロッドのコスメ、カラーも進化しています。

11セフィアBB Rではセフィアのイメージカラーであるレッド(ワインレッド)が強く主張するカラーリングでした。

しかし、15セフィアBBではブラックを基調にし、セフィアカラーであるレッド差し色に使った落ち着いたカラーリングとなっています。

インパクトには欠けますが、安っぽさが払拭されているのではないかと思います。

それでは15セフィアBBを動画で確認してみましょう!

15セフィアBB実釣解説動画


シマノのエギングといえばこの人――笛木展雄さんによる実釣解説動画です。

15セフィアBBのスペック

製品名 全長(m) 継数 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) エギ(号) PEライン(号) 価格(円)

S800ML

2.44 2 125.6 88 1.5/10.9 2-3.5 0.4-0.8 16,900
S803ML 2.52 2 129.4 89 1.5/11.1 2-3.5 0.4-0.8 17,400
S806ML 2.59 2 133.2 93 1.5/11.3 2-3.5 0.4-0.8 17,900
S800M 2.44 2 125.6 92 1.6/11.6 2.5-4 0.5-1.0 16.900
S803M 2.52 2 129.4 93 1.6/12.0 2.5-4 0.5-1.0 17,400
S806M 2.59 2 133.2 97 1.6/12.3 2.5-4 0.5-1.0 17,900
S809M 2.67 2 137.0 99 1.6/12.7 2.5-4 0.5-1.0 18,400
S806MH 2.59 2 133.2 105 1.6/12.5 3-4.5 0.6-1.2 18,400
S809MH 2.67 2 137.0 107 1.6/12.7 3-4.5 0.6-1.2 18,900

※スマホの方は横にスクロールさせることでスペックを全て確認することができます。

誰でも簡単に数釣りが楽しめる秋イカシーズン。これから初めようと思っている方は、新しいセフィアBBを検討してみてはいかがでしょうか?

シマノ/SHIMANO エギング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます