フラットフィッシュ用ルアー

ビーチウォーカー リボルト&アフレイドでヒラメに挑め!使い方・使い分けを解説

投稿日:

duo_fs2017

今回はDUOから2017年待望の新発売となるヒラメ(フラットフィッシュ)用ルアー2種類「Beach Walker Revolt(ビーチウォーカー リボルト)」と「Beach Walker Afraid(ビーチウォーカー アフレイド)」を、実釣解説動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

DUO(デュオ)「ビーチウォーカー リボルト」

ビーチウォーカー リボルト&アフレイドでヒラメに挑む!使い方・使い分けを解説_001
DUOのヒラメ専用ブランド”ビーチウォーカー”シリーズに、2017年新たに仲間入りするルアーの1つが「ビーチウォーカー リボルト」です。

最大の特徴は若干体高のあるボディのテール部に装備された「湾曲したコロラドタイプのブレード」です。

ビーチウォーカー リボルトはこのブレードを搭載したことによって、ミノーやシンペン、ワームとは違った波動、フラッシング、そしてブレードとフックが干渉することによって生まれる音――独特のサウンドでのアピールを可能にしています。もしかしたらバイトトリガーとなるような意図しない不規則なアクションを発生させることもあるかもしれません。

ビーチウォーカー リボルトは他のルアーには反応しなかった魚を獲ることができるかもしれない、ローテーションの一角に加えることで更なる一匹を獲れるかもしれないルアーになっているわけです。

また、通常コロラドブレードはウィローリーフブレードやインディアナブレードよりもアピール力が強く、引き抵抗も強いブレード。しかしながら、ビーチウォーカー リボルトに搭載されている新設計されたというブレードは、アピール力はそのままに、引き抵抗は軽く、流れの中でもアングラーが扱いやすいようなブレードになっているようです。

ビーチウォーカー リボルトの飛距離

ビーチウォーカー リボルトの最大の特徴である一方、キャスト時には最大の弱点となりそうなテール部のブレード。

ともなればやはり気になるのはビーチウォーカー リボルトの飛距離です。

ビーチウォーカーシリーズの開発に携わっているDUOプロスタッフの堀田光哉さん曰く「ビーチウォーカーハウルの21gよりも飛距離が出る」そうです。

ビーチウォーカー リボルトの使い方

難しいテクニックを必要とせず、誰が使っても魚が釣れるようにと開発されているビーチウォーカーシリーズ。

ビーチウォーカー リボルトの使い方も当然難しいテクニックは必要ありません。使い方の基本は、その他のビーチウォーカーシリーズと同じように”ただ巻き”です。ボトムを叩かないように、ボトムに当たらないように、ただ巻くだけ。それだけで釣れるルアーになっているそうです。

また、リトリーブ中に少し速く巻いたり、遅く巻いたりとリトリーブスピードに変化、強弱を付けてやれば、バイトトリガーとなるような異なるアクションを演出することができます。

ただ巻きの他にもストップ&ゴーもオススメの使い方だそうです。

ビーチウォーカー リボルトのカラー

ビーチウォーカー リボルトのファーストカラーラインナップは12色。

  • DBA0189:チャライワシ
  • DBA0297:ハーフグリーンゴールド
  • ABA0329:チャートオレンジイワシ
  • DDA0063:ヒラメゴールド
  • AHA0087:マズメイワシ
  • GHA0279:ツレスギGB
  • AOA0026:アカキン
  • AOA0145:ファイヤーゴールド
  • GOA0270:キラキラピンクキャンディー
  • GQA0184:ヒラメキャンディー
  • GQA0280:ヒラメピンクⅡ
  • GQAZ054:高木レインボー

このうち、堀田光哉さんオススメカラーである「ハーフグリーンゴールド」を始めとした、「チャートオレンジイワシ」「ヒラメキャンディー」「ヒラメピンクⅡ」の4色は、共通カラーが多いアフレイドにはラインナップされていないカラーとなります。

個人的にはチャライワシ、キラキラピンクキャンディー、そして堀田光哉さんオススメのハーフグリーンゴールドを選びたいですね。

DUO(デュオ)「ビーチウォーカー アフレイド」

ビーチウォーカー リボルト&アフレイドでヒラメに挑む!使い方・使い分けを解説_002
ビーチウォーカー リボルトと共にビーチウォーカーシリーズに追加となった「ビーチウォーカー アフレイド」。シャローエリアを得意とし、遠浅のサーフなどでの活躍が期待できるルアーです。

そんなビーチウォーカー アフレイドは、ビーチウォーカー リボルトよりも細く長いボディに、テール部に”少し小さなコロラドタイプのブレード”、そしてフロントに”プロップ”を装備。

製品名 全長 自重
ビーチウォーカー アフレイド 110mm 27g
ビーチウォーカー リボルト 80mm 34g

ビーチウォーカー アフレイドはこのプロップ、ブレードがスローリトリーブでもしっかりと回ってアピールしてくれると共に、ビーチウォーカー リボルトよりもタイトでハイピッチなローリングメインのアクションで、ナチュラルにフラットフィッシュにアピールしてくれます。

ビーチウォーカー リボルトと同じようにローテーションに組み込むことによって、更なる1匹を連れてきてくれるルアーであり、ハイプレッシャーフィールドでに力を発揮してくれるルアーです。

ビーチウォーカー アフレイドの飛距離

ブレードが1つ付いていたビーチウォーカー リボルトよりも更に装備が多い「ビーチウォーカー アフレイド」

その飛距離は「ビーチウォーカーハウルの21gよりも若干飛ぶ」くらいだそうです。

ビーチウォーカー アフレイドのカラー

ビーチウォーカー アフレイドのファーストカラーラインナップは12色。

  • DBA0189:チャライワシ
  • ABA0358:シークレットライム
  • DDA0063:ヒラメゴールド
  • DDA0199:ラメピン
  • DDA0289:チャートバックキャンディー
  • AHA0087:マズメイワシ
  • GHA0279:ツレスギGB
  • AOA0026:アカキン
  • AOA0145:ファイヤーゴールド
  • GOA0270:キラキラピンクキャンディー
  • GQAZ054:高木レインボー

このうち、DUOプロスタッフオススメの「シークレットライム」「ヒラメオレンジ」に、「ラメピン」「チャートバックキャンディー」の4色は、リボルトにはラインナップされていないカラーです。

それでは、ビーチウォーカー リボルト&ビーチウォーカー アフレイドの水中アクションが確認できる実釣解説動画を見てみましょう。

ビーチウォーカー リボルト&アフレイド等のローテーションでヒラメを攻略!


DUOプロスタッフの堀田光哉さんが、ビーチウォーカー リボルト&アフレイドを始め、ビーチウォーカーシリーズをローテーションしながら、ヒラメを狙う実釣解説動画です。

ビーチウォーカー リボルト&アフレイドのスペック

ビーチウォーカー リボルト

製品名 ビーチウォーカー リボルト
全長 80mm
自重 34g
タイプ シンキング
フック #5
価格 1,680円

ビーチウォーカー アフレイド

製品名 ビーチウォーカー リボルト
全長 110mm
自重 27g
タイプ シンキング
フック #4
価格 1,680円

「ビーチウォーカー リボルト」と「ビーチウォーカー アフレイド」の発売日は2017年6月発売予定。現在、続々入荷中のようです。

他のビーチウォーカーシリーズと使い分けながら、フラットフィッシュを攻略してはいかがでしょうか?

フラットフィッシュ用ルアー
,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.