バスロッド

川村光大郎がオカッパリに不可欠な2本のロッドを解説

更新日:

ダイワのサポートを受けるプロ達がニュータックルを解説する企画がUltimateで公開されています。2013年5月24日号にオカッパリのプリンス川村光大郎さんが登場です。

今回、川村光大郎さんが紹介するロッドは2013年のニュータックルではありませんが、川村さんがオカッパリで欠かせない、ベリーベストであるというロッドを解説です。

スポンサーリンク

オカッパリに不可欠なロッド

PF701MFB

1本はブラックレーベル PF701MFB。数多くのタックルを持ち歩くことができないオカッパリ。川村さんは釣り場の状況に応じて厳選するようにしているそうですが、PF701MFBは全国どこに行くときでも持っていく1本なんだそうです。陸王でも使ったロッドです。

661MFB-SV WEREWOLF

もう1本はスティーズ 661MFB-SV WEREWOLF。こちらはオカッパリ時のベイトフィネス用。ベイトフィネスという言葉が一般的ではなかった時代から、ベイトフィネス的な用途に使っていたそうです。

詳しくはUltimate 2013年5月24号をご覧ください。川村さんのロッドに対する想いが書かれています。

バスロッド
, ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.