バスロッド

沢村幸弘プロがテクナPMXの"NEW"プロトモデル4本を解説

更新日:

先月発売となったばかり、アメリカ3M社のパワーラックス採用のティムコ「テクナPMX」シリーズ。JB TOP50所属の沢村幸弘プロが早くも上がってきたテクナPMXのNEW プロトモデルについて自身のサイトで解説しています。

今回プロトモデルとして登場したのはTPMX65CLP+、TPMX65CM、TPMX66CM、TPMX610CMLP+の4本。全てベイトキャスティングモデルです。

TPMX65CLP+(スローテーパー)は現行のTPMX66CMLJよりも軽いルアー(ファストムービング系ルアー)を扱うことを想定したモデル。ちなみにTPMX66CMLJの適合ルアーウエイトは5~14gなので、5g前後のルアーが対象でしょうか。

TPMX65CM(ミディアムスローテーパー)はスーパーテクナS-TAV65CMJがベースになっているそうです。S-TAV65CMJの適合ルアーウエイトは7~18g。沢村プロにとってこのロッドはジグ・テキサスに欠かせないロッドだそうで、1/2ozのキャリラバも”ゴキゲン”に使えるそうです。

TPMX66CM(ミディアムファーストテーパー)は汎用性に優れたロッド。所謂バーサタイルロッド。オカッパリアングラーにオススメの1本。

TPMX610CMLP+(ファーストテーパー)はヘビーカバー対応のロッドで、ライトテキサス、ヘビダン、ネコリグに使えるロッド。

どれも良さそうなラインナップですが、まだプロトの段階なのでモデル名などは変更になる可能性も。実際に沢村プロがフィールドでテストしてみての結果は後日になるようです。

バスロッド
, ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.