タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

17スティーズ A TW 予想外の衝撃!16スティーズとスペックを比較!ダイワ2017新作ベイトリール

     ベイトリール  

17スティーズ A TWの予想外の衝撃!16スティーズとスペックを比較!ダイワ2017新作ベイトリール_001

DAIWA(ダイワ)から2017年新発売となるベイトリールにフィーチャーした動画「Project T 2017 EPISODE1」が公開となったのがつい先日。

「TWS×Tough Reel」
と銘打たれたリールとは何だろう?とまだ見ぬリールに思いを馳せていましたが、早くも正体が判明!

そんなわけで今回はダイワの2017年目玉リールの1つになること間違いなしなベイトリール「STEEZ A TW(17スティーズ A TW)」を、16スティーズSV TWのスペックと比較しながら紹介します。

スポンサーリンク

ダイワ「17スティーズ A TW」はスーパーメタルボディのタフネスリール!

17スティーズ A TWの予想外の衝撃!16スティーズとスペックを比較!ダイワ2017新作ベイトリール_004
2016年、コンパクトタイプの「新型TWS(T-Wing System)」とストレスフリーバーサタイルを謳う「SVスプール」、G1ジュラルミン製のドライブギアなどを引っ提げ、フルモデルチェンジを果たした「16スティーズSV TW」。

そんな16スティーズSV TWの派生モデルとなるのが「17スティーズ A TW」です。

しかし「17スティーズ A TW」は、ダイワの軽量ベイトリールのフラッグシップモデル「スティーズ」の名を冠しながら、これまでのスティーズとは一線を画すベイトリールになっています。

なぜなら、「17スティーズ A TW」はこれまでの「エアメタル(マグネシウム合金)」ではなく、新たに「スーパーメタル(アルミニウム合金)」を採用したスーパーメタルハウジングとなり、軽さよりも剛性・耐久性を優先したリール――まさに「TWS×Tough Reel」

製品名 17スティーズA TW 16スティーズSV TW 16ジリオンSV TW
自重 190g 160g 195g

17スティーズA TWの自重は190gと16スティーズSV TWよりも30gも重く、16ジリオンSV TWと5gしか差がありません。スティーズシリーズとは思えない数字ですね。

 
17スティーズ A TWの予想外の衝撃!16スティーズとスペックを比較!ダイワ2017新作ベイトリール_006
しかし、17スティーズA TWが軽さと引き替えに得た高い剛性――高剛性かつコンパクトなボディは、超々ジュラルミンの約1.3倍の強度を持つらしいG1ジュラルミン製の大口径化されたドライブギアとの相乗効果によって、これまでのスティーズとは違ったシルキーな巻き心地、パワフルな巻き上げを実現しているのではないでしょうか。

また、引き抵抗の大きなルアー、重量のあるルアーにもオススメのリールかもしれません。

ちなみに「17スティーズ A TW」の”A”には、ボディに新採用された「Aluminium(アルミニウム)」と「ALL AROUND(ALL-ROUND)」――軽いルアーから重いルアー、撃つ釣りから巻く釣りとあらゆる釣りに対応できる?――の2つの意味が込められているそうです。

17スティーズ A TWはG1ジュラルミン製スプール&マグフォースZ採用!

ダイワ「17スティーズA TW」はG1ジュラルミンスプール採用!
17スティーズA TWは16スティーズSV TWとボディの素材が違うだけに止まらず、スプールとブレーキシステムも異なります。

17スティーズA TWのG1ジュラルミン製スプールは、軽~中重量級ルアーまでバックラッシュすることなく、快適に扱うことができるストレスフリーバーサタイルを謳った「SVスプール」ではありません。それに伴い、ブレーキシステムも「マグフォースZ」になっています。

そのため、「SVスプール(+エアブレーキシステム)はベイトリール初心者でもバックラッシュしにくく、扱いやすいかもしれない。でも、面白みに欠ける」なんて思っていた人にとって、キャスティングの楽しさを再確認できるリールかもしれません。

17スティーズA TWは16lbラインを100m巻くことができる深溝?スプール。スプール径は16スティーズSV TWのスプールと同じ「34mmスプール」

製品名 17スティーズA TW 16スティーズSV TW 16ジリオンSV TW
スプール径 34mm 34mm 34mm
糸巻量 16lb-100m 16lb-40~80m 16lb-40~80m

なので、17スティーズA TWは16スティーズSV TWよりも重いルアーの方が快適に扱え、飛距離を出すことができるリールかもしれません。

17スティーズA TWはATD?&ドラグ力大幅UP!

17スティーズA TWのドラグシステムには、現在ベイトリールの主流である「UTD(アルティメットトーナメントドラグ)」とは異なる「ATD(オートマチックドラグ)」が採用されているようです(参考:siteB)。

誤植でなければ、これはダイワのベイトリールとしては初採用!

更に、現行のベイトリールの中でも数少ないものにしか採用されていない「ドラグ引き出しクリック」も採用されているようです。これもコンパクトタイプのベイトリールとしては初かもしれません。

また、ドラグ力は16スティーズSV TWは言うまでもなく、ジリオンSV TW/ジリオンTWをも超え、ダイワロープロ最強リールと呼び声高い「ダイワZ」に並ぶ「6kg」に設定。

製品名 17スティーズA TW 16スティーズSV TW 16ジリオンSV TW
最大ドラグ力 6kg 5kg 5kg

17スティーズ A TWはマグシールドボールベアリング採用

ダイワ「17スティーズA TW」はマグシールドボールベアリング採用
17スティーズA TWはボディ側面に見えるb>「MAG SEALED」の文字通り、スティーズシリーズとしては初めてピニオン部に1つ、ボールベアリングをマグシールド化した「マグシールドボールベアリング」を採用。

高剛性かつドラグ力もアップした17スティーズA TWはバス釣りだけでなく、ロックフィッシュゲームなどソルトにも良さそうですね。

17スティーズ A TWは90mmロングクランクハンドル&フラットノブ

ダイワ「17スティーズA TW」は90mmロングクランクハンドル
17スティーズ A TWは「90mmのロングクランクハンドル」が標準装備。引き抵抗のあるルアーも軽快に、パワフルに巻くことができる、かも。16スティーズSV TWは「80mmのクランクハンドル」。

ハンドルノブも16スティーズSV TWとは異なる「フラットノブ」が採用されているようです。

それでは、アメリカのトーナメントで活躍するトッププロ達も大絶賛の「17スティーズA TW」を動画で確認してみましょう!

トッププロも大絶賛!ダイワ「17スティーズ A TW」の衝撃!

ダイワ「17スティーズ A TW」の発売日・価格・スペック

製品名 ギア比 自重(g) 最大ドラグ力(kg) 巻取長(cm) 糸巻量(lb-m) BB 価格
スティーズA TW 1016H(HL) 6.3 190 6 67 16-100 8/1 不明
スティーズA TW 1016SH(SHL) 7.1 190 6 76 16-100 8/1 不明

17スティーズA TWの発売日は2017年3月頃を予定しているようです

ダイワ/DAIWA ダイワ新製品 2017年 ブラックバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます