タックルニュース

– ロッド・リール・ルアーなど釣り具の最新の情報をお伝え –

ロンジン「ハイスタンダード」はブランド生命を掛けて挑んだ高水準ルアー!

     シーバス・ショア用ルアー  

ロンジン「ハイスタンダード」はブランド生命を掛けて挑んだルアー!_001

今回はルアーデザイナー伊藤仁さんが手掛けるルアーブランド「LONGIN(ロンジン)」が、ブランド生命を掛けて挑んだというミノー「Hi-STANDARD(ハイスタンダード)」を紹介します。

スポンサーリンク

ロンジン「ハイスタンダード」はブランド生命を掛けて挑んだミノー

シーバスフィッシングの定番中の定番ルアーであり、シーバスフィッシングを嗜むアングラーなら1つくらいは持っている、1度は使ったことがあるであろうルアー「ミノー」

数多のルアーメーカーからリリースされる、シーバス用ルアーの中でも最激戦区とも言えるカテゴリーのルアーです。

そんな激戦区にロンジンがブランド設立から5年という歳月を経て、満を持して投入するミノーこそが「ハイスタンダード(Hi-STANDARD)」です。ルアーネームに懐かしさを覚える人もいるかもしれません。

ハイスタンダードは耳目を集めるための奇をてらったデザインやギミックに頼らない、その名の通り”高水準”なミノー、スタンダードなミノーとしての高い性能で勝負できるルアーとして開発されたミノーです。

ロンジン「レビン」と「グリード」が生んだハイスタンダードのアクションと飛距離

ハイスタンダードはロンジンの先輩ルアーであるシンキングペンシル「LEVIN(レビン)」メタルジグ「GREED(グリード)」からヒントを得て開発されたというミノーです。

ハイスタンダードはリップの裏に取り付けられたレビン譲りのフィンキールによって、ローリング5、ウォブリング5のウォブンロールアクションを演出し、流れの強弱、リトリーブの強弱などによって、タイト~ワイドアクションになるそうです。また、フィンキールはバイトトリガーになるようなイレギュラーアクションをも演出します。

そして、グリード譲りのシルエットとタングステンウエイトボール×3を採用した重心移動システムによって、ハイスタンダードはキャスト時に安定した飛行姿勢を保ち、誰が投げても飛距離が出せるルアーになっています。

更に、ハイスタンダードは重心移動システムを搭載していても、リップ・アイの設定、ボディ後方に確保された浮力などによって、非常に泳ぎだしに優れており、着水後にいちいちウエイトボールをボディ前方に戻さなくとも、ただ巻き始めるだけで泳ぎ始めるそうです。

それでは、ロンジン「ハイスタンダード」の特徴・使い方を動画で確認してみましょう。

ロンジン「ハイスタンダード」の特徴を動画で解説


ロンジン「ハイスタンダード」の生みの親である伊藤仁さんが、ハイスタンダードの特徴や使い方を解説してくれる動画です。興味のある方はぜひご覧ください。

ロンジン「ハイスタンダード」の使い方

誰が使っても飛距離が出せ、どんな使い方にも高次元で対応できるように設計された「ハイスタンダード」。

そのため、ハイスタンダードの使い方はアングラーの自由。ただ巻きで使っても良し、トゥイッチやジャークといったロッドアクションを加えても良しです。

また、ティップの上げ下げだけで簡単にレンジをコントロールすることができ、浅いところでは40cm、深いところでは120cmまで探ることが可能だそうです。

ロンジン「ハイスタンダード」のカラー

ハイスタンダードのファーストカラーラインナップは11色。

  • ブルーマイワシレッドベリー(縦ホロ)
  • ボラ(レンズ)
  • リアルベイト(縦ホロ)
  • ブルーピンクイワシ
  • ブラックヘッドイワシ(メッキ)
  • レンズキャンディーグローベリー(レンズ)
  • チャートバックキャンディー(レンズ)
  • ピンクヘッドパールキャンディー
  • ドチャートマット
  • レッドヘッド(銀ラメ)
  • 落ち鮎グローベリー銀粉ラメ(縦ホロ)

個人的にはブルーピンクイワシ、チャートバックキャンディー(レンズ)、落ち鮎グローベリー銀粉ラメ(縦ホロ)あたりが好みです。

ロンジン「ハイスタンダード」のスペック

製品名 ハイスタンダード
全長 120mm
自重 19g
タイプ フローティング
レンジ 40~120cm
交換推奨フック #5
価格 1,900円

ロンジンが提案する新しいスタンダードミノー「ハイスタンダード」で、シーバスを攻略してみてはいかがでしょうか?

ロンジン/LONGIN シーバス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もどうぞ!

  この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます