ツール・アクセサリー

MTDのランディングネット「ランディングシャフト200」が発売

更新日:

MTDランディングシャフト200が発売

先日”ブラックスケール2013”シリーズが発売となったばかりのミッションタックルデザインから新ランディングネット「MTDランディングシャフト200」が発売となりました。

MTDランディングシャフト350との違い

MTDランディングシャフト200は、現在絶賛発売中のMTDランディングシャフト350の小さいサイズとなります。名称からもわかる通り350が最大シャフト長3.5mに対し、200は長さ2mになります。玉枠が45cmから30cmと小さくなっており、アジングやメバリングのお供に良さそうなサイズです。
デザインは350と同じブラックの柄にシルバーの玉枠。網は特注のモノフィラ・ネットを採用。

スペック

製品名:MTDランディングシャフト200
最大シャフト長:2.0m
玉枠:30cm(四つ折り)
仕舞寸法:27cm
継数:10本

ラインブレイクや不意の針外れでせっかくの大物を逃してからでは後の祭り。そんな後悔をせずに済むようにランディングネットを持って行かれてはいかがでしょうか?

ツール・アクセサリー
, ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2018 All Rights Reserved.