ベイトリール 動画

CI4+を採用した初のベイトリール シマノ「クロナーク CI4+」登場

更新日:

CI4、そしてCI4+が採用されたスピニングリール、またはロッド(グリップ)はあれど、ベイトリールは存在していませんでした。それが今回ICAST 2013でシマノからベイトリール初のCI4+を採用したリール「Chronarch(クロナーク) CI4+」が発表されました。

日本版はこちら→シマノ「クロナークCI4+」が日本上陸!日本仕様で発売!?

クロナーク CI4+はこんなリール

  • シマノ「クロナーク CI4+」登場_003

    非常に軽量でありながら剛性、耐久性を持ったシマノが誇る最先端カーボン素材CI4+をフレームとサイドプレートに採用。

  • シマノ「クロナーク CI4+」登場_002

    12アンタレスや13メタニウムに搭載された新しい遠心ブレーキ”SVSインフィニティ”(ブレーキシューは4つ)、”X-SHIP”を搭載。スプールはマグナムライトスプールを採用。

気になる重さ

軽量を謳ったCI4+を採用しながら自重が約184g(6.5oz)というのはどうなんでしょう。13メタニウムの170gを既に見ていたことと、驚くような数字を期待していただけに……う~ん。見た目は変な2トーンじゃないだけでクロナークの圧勝なんですけどね。

クロナーク CI4+のスペック

製品名:CH150CI4(CH151CI4)
ギア比:6.2:1
自重:184g
最大ドラグ力:4.98kg
標準巻糸量:10-145、12-110、14-90(lb-m)
ベアリング(ボール/ローラー):7/1
価格:269.99ドル
生産国:日本

製品名:CH150CI4HG(CH151CI4HG)
ギア比:7.6:1
自重:184g
最大ドラグ力:4.98kg
標準巻糸量:10-145、12-110、14-90(lb-m)
ベアリング(ボール/ローラー):7/1
価格:269.99ドル
生産国:日本

海水OK

個人的に

釣りはカタログスペックでするものではなく、道具の善し悪しはスペックで判断するものではありません。しかし、現段階でワクワクすよるうな胸躍らせるリールはやはりダイワのTATULAです。恐らくクロナークは輸入(品)という形でしか日本で手に入らないリールだと思うので、CI4+を使った日本向けのベイトリールが出てくれば面白いなと思います。

ベイトリール, 動画
, , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved.