バス釣り用ルアー 動画

青木大介プロの師匠が監修したI字系ルアー「ギークプロップ」公開

更新日:

deps"デスアダー"4インチのI字引きに始まり、ジャッカル”セイラミノー”、O.S.P"i-Waver"、スミス"AR-SSミノー"など、アクションらしいアクションをほとんどしない真っ直ぐ泳いでくるだけの所謂”I字系ルアー”が、トーナメントなどでウイニングルアーになったりと脚光を浴びている昨今。

ゲーリーヤマモトからもI字系ルアーが登場

ゲーリーヤマモトのYABAI BRANDから、JB TOP50所属の青木大介プロの師匠として知られるルアーデザイナー”イジルの大好きクワガタさん”監修の「GEEK PROP(ギークプロップ)」が発売となりました。

ギークプロップとは

  • YABAI BRAND「ギークプロップ」公開

前後に透明のプロップが付いているのが見た目に特徴的なルアーです。プロップベイトというと金属製のプロップが付いていることが多いルアーですが、この透明のプロップはクリアレイクなどでも魚に違和感を与えにくいかもしれません。ボディにはこだわったアワビがインサートされていて、ルアーの角度などによって絶妙な煌めきで魚にアピールしてくれます。

ギークプロップの使い方

リーリングスピードは”ごくゆっくり”。ハンドルを1回転させるのに2秒程度かける。早く引いてしまうとすぐに浮いてしまって狙いたいレンジを引くことが出来なくなります。リーリングするときはラインを張った状態ではなく、ラインを浮かせてたるませることが重要。リールを巻いてルアーを動かすのではなく、たるんだラインの重みでルアーを寄せてくる。ルアーが寄ってくることで出たスラックだけを巻き取るようにします。
投げる場所は”ココ”というブラックバスがいるポイントから3~4mぐらい離れた場所にキャスト。そしてゆっくりと引きブラックバスに気づかせて喰わせるというのが基本的な使い方になるようです。

推奨タックル

ロッド:ミディアムライトクラスのティップが柔らかめのもの
ライン:PE0.4~0.8号+フロロカーボンリーダー or フロロカーボン2.5~4lb
リーダーの長さは狙うレンジによって変えます。表層付近を引きたいなら50cmくらい。

スペック

製品名:GEEK PROP
全長:62mm
自重:3.3g
価格:1,300円

I字系ルアーって大きさの割に高かったりするんですが、このギークプロップは1,300円と安めの価格設定になっています。青木大介プロの師匠プロデュースという言葉に惹かれた方は買ってみてはいかがでしょうか?

バス釣り用ルアー, 動画
, ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2014年9月29日にパーマリンクを変更したため、旧URLと紐付いていたシェア数がリセットされています。申し訳ありません。ただ、シェアしていただいた旧URLから新URLへは自動的にリダイレクトされますのでご安心ください。

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2018 All Rights Reserved.