バス釣り用ルアー

NZクローラー(デプス)は力強さを求めたクローラーベイト!チューニング・使い方を実釣解説

更新日:

NZクローラー(デプス)は力強さを求めたクローラーベイト!チューニング・使い方を実釣解説_001

今回はビッグバスハンター御用達メーカー”deps(デプス)”が送るビッグクローラーベイト「NZ CRAWLER(エヌゼットクローラー)」を、チューニング方法や使い方がわかる実釣解説動画と共に紹介します。

スポンサーリンク

deps発のクローラーベイト「NZクローラー」

バスフィッシングガイド(K-RO Guide Service)として活躍しているdepsフィールドスタッフ渡部圭一郎さんプロデュースのクローラーベイト「NZクローラー」。もともと渡部圭一郎さんがハンドメイドで制作していた羽根物に、depsの奥村和正社長が感銘を受け、欲し、量産化がスタートという経緯を持つルアーです。

そんなNZクローラーは生みの親である渡部圭一郎さんが好きだという「NamaZu(ナマズ)」を意識したようなニヤリとした表情、顔を持つ扁平かつ幅広のジョイントボディに、狙った大型のステンレス製ウイング、テール部にコロラドブレードを装備。

deps_nzcrawler_002
NZクローラーはその重く厚みのあるステンレス製ウイングが大きな扁平ボディを力強く動かし、水を攪拌し、水飛沫を上げ、幅広の扁平ボディならではの強い水押し、強いアクションを実現。更にボディ前方側面に打ち込まれたネジとウイングが干渉することによって発生するサウンドによるアピールにも期待できるそうです。

またNZクローラーはチューニングを施すことによって、アクションレスポンスの向上とアクションの強さを変化させることもできるそうです。なので、その日の状況や好みに応じてチューニングを施すと良い釣果に結びつくかもしれません。

サイズは全長134mm、自重3oz class。小森嗣彦プロらトップトーナメンター達も(トーナメントの場で)愛用している「アベンタクローラーGT(RS)」など、専用タックルを必要としないコンパクトサイズの羽根物とは異なる、デプスらしいサイズのビッグクローラーベイトになっています。

製品名 NZクローラー アベンタクローラーRS アベンタクローラーGT ベルリネッタクローラ2
全長 134mm 80mm 80mm 120mm
自重 3oz class 25g(≒0.88oz) 30g(≒1.05oz) 1.5oz class

それでは、NZクローラーの特徴やチューニング方法を解説してくれる動画を見てみましょう。

NZクローラーの使い方やチューニング方法を実釣解説


NZクローラーをプロデュースする渡部圭一郎さん自身が、ガイドとしても活躍しているフィールド”桧原湖”を舞台に、NZクローラーの特徴、使い方、チューニング方法を実釣を交えながら解説してくれる動画です。

NZクローラーのカラー

NZクローラーのファーストカラーラインナップは6色。

  • #01:レインフロッグ
  • #02:ジェットブラック
  • #03:アルビノナマズ
  • #04:和ナマズ
  • #05:バブルガムグリッター
  • #06:グラスキャット

個人的にはアルビノナマズ、グラスキャットあたりが欲しいですね。

NZクローラーのスペック・発売日

製品名 NZクローラー
全長 134mm
自重 3oz
フックサイズ #1
価格 5,800円

NZクローラーの正確な発売日は不明ですが、近いうちに取り扱いショップに入荷となるのではないかと思われます。

バス釣り用ルアー
,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2017 All Rights Reserved.