スピニングリール

18イグジストに死角なし!?選ばない理由がないダイワ60年の技術の結晶

更新日:

18イグジストに死角なし!?選ばない理由がないダイワ60年の技術の結晶_001

今回は60周年という記念すべき年にフルモデルチェンジを果たし、劇的進化を遂げて新発売となるDAIWA(ダイワ)汎用スピニングリールのフラッグシップモデル「18 EXIST(18イグジスト)」を紹介します。

スポンサーリンク

ダイワ2018年最新スピニングリール「18イグジスト」

2005年に誕生し、幾つかの派生モデルを生み出しながら、10年以上の年月を経た今も色褪せない魅力を放ち、アングラーを魅了している「初代イグジスト(05イグジスト)」

名機「05イグジスト」の後継機として、7年という歳月を経て新たにZAION製ボディ&エアローター、そして全てのリールが過去になる”マグシールド”などによって生まれ変わった「12イグジスト」。05イグジスト、12イグジストからの路線変更を予感させるような全く異なる装いで登場した「15イグジスト」

そして2018年、ボディ、エアローター、スプール、ラインローラー、ギア、ハンドルなど多くのパーツを一新し、劇的進化を遂げ、60周年という節目の年に相応しいスピニングリールとして登場するのが、ダイワ汎用スピニングリールのフラッグシップモデル「18イグジスト」です。

エアメタルのモノコックボディ!


ダイワ汎用スピニングリールの頂点に位置するリールとして、17セオリーなど2017年生まれの新型スピニングリール達が登場するまで、他のリール達の追随を許さない圧倒的な軽さ――リール自体の軽さはもちろん、ハンドルを回し始めたときの軽さ、リーリングしているときの軽さなど――を誇ってきたイグジスト。

18イグジストはこれまでのイグジストがそうであったように、これまでのイグジストを超えることはもちろん、他のリールを寄せ付けない、遙かに凌駕する圧倒的な軽さを手に入れたスピニングリールになっています。

そして更に、ダイワが2018年(2017年)新たに打ち出してきたLTコンセプト(軽量&タフコンセプト)の中核を担うスピニングリールとなる「18イグジスト」は、これまでのイグジストには欠けていたかもしれない要素――ある意味イグジストの弱点とも言えた「タフさ」をも手に入れたスピニングリールになっています。

そう、18イグジストには16セルテートのHD(ヘビーデューティー)モデルとなる大型番手だけに採用された”モノコックボディ”が新採用となっているのです!

モノコックボディとは、ボディとボディカバーで構成する従来の構造を廃止し、ボディ単体にギヤーを埋め込む新構造。それにより、強度と気密性を同時に高めることに成功した。完全非対称にデザインされたまったく新しい形状は、リール構造の常識を打ち破る、新時代の到来を予感させる。

引用:DAIWA

ただし、驚異的な軽さを手に入れた18イグジストの中でも、フィネスカスタムと呼ばれる”あえて”マグシールドラインローラーやマグシールドボールベアリングを排除し、究極の軽さをを求めた小型番手もモノコックボディなのかは不明。

<追記>
16セルテートのように大型番手だけでなく、18イグジストはフィネスカスタムモデルも含めて、全てのサイズでモノコックボディが採用されているようです。

また、12イグジスト、15イグジストと2代に渡って、マグネシウムに匹敵するというダイワが誇る高密度カーボン素材「ZAION(ザイオン)」が採用されてきたイグジストのボディ。LTコンセプトの18イグジストのボディは、ZAION(ザイオン)ではなく、エアメタル(マグネシウム合金)を採用した金属ボディとなっているそうです!

これまでイグジストを使うのはちょっと怖いなとおもうような釣り――リールに強い負荷が掛かるような釣り、酷使するような釣りにも、18イグジストは安心して使うことができるリールになっている、かもしれません。

マシンカットタフデジギヤ


LTコンセプトによってタフになったのはボディだけではありません。

モノコックボディを新たに採用した18イグジストは、ギアが大型化されたことに加えて、これまでのマシンカットデジギヤから更に進化した「マシンカットタフデジギヤ」が採用されています。

そんな強靱なモノコックボディに包まれ、タフになったマシンカットタフデジギヤを装備した18イグジストは、負荷が掛かった状態でも軽く巻き上げることができるそうです。

18ステラ同様に賛否分かれそうな18イグジスト

軽さに加えてタフさも手に入れた18イグジスト。価格が問題にならなければ選ばない理由がないくらいに思えるスピニングリール。

しかし、そんな言うことなしに思える18イグジストですが、確実にアングラーの賛否が分かれそうな要素が1つあります。

リールのカラーリングです。


デザインはダイワの開発陣が飽きのこないシンプルなデザインと称するように、ボディに少し癖があるものの、05イグジストを彷彿とさせるような15ルビアスっぽさもあるようなないようなシンプルなデザイン。

しかしカラーは、大きくイメージチェンジをした15イグジストから、再びガラリと変えたシルバーを基調とした原点回帰っぽくも感じるシルバーのボディ&スプールに、ガンメタ?のローターっぽく見えます。まさかのツートンっぽいカラーリングのように見えます……。

18ステラも割と賛否分かれるカラーリングでしたけど、ツートンカラーなら18イグジストも好き嫌い分かれるかもしれません。

特に歴代イグジストの中でもブラック×ゴールドの15イグジストに惹かれたアングラーは……。

18イグジストのスペック・発売日

品番 ギア比 巻取長(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) ライン(lb-m) PEライン(号-m) ハンドル長(mm) ベアリング 価格(円)
FC LT1000S-P 4.9 61 150 5 2.5-100 0.2-210 35 12/1 67,000
FC LT2000S-P 4.9 64 155 5 2.5-200 0.4-200 40 12/1 67,500
FC LT2000S-H 5.8 76 155 5 2.5-200 0.4-200 45 12/1 67,500
FC LT2500S-C 5.1 72 160 5 4-150 0.6-200 45 12/1 68,000
FC LT2500S-CXH 6.2 87 160 5 4-150 0.6-200 50 12/1 68,000
LT2500 5.2 73 180 10 4-230 0.8-200 50 12/1 68,000
LT2500-XH 6.2 87 180 10 4-230 0.8-200 55 12/1 69,000
LT3000S-C 5.2 77 185 10 4-230 0.8-200 50 12/1 69,000
LT3000S-CXH 6.2 93 185 10 4-230 0.8-200 55 12/1 70,000
LT3000-CH 5.7 85 185 10 10-120 1-200 55 12/1 70,000
LLT3000-XH 6.2 93 195 10 10-120 1-200 60 12/1 71,000
LT4000-C 5.2 82 205 10 10-190 1.5-200 55 12/1 72,000
LT4000-CXH 6.2 99 205 10 10-190 1.5-200 60 12/1 72,000

フルモデルチェンジを果たしたダイワ汎用スピニングリールのフラッグシップモデル「18イグジスト」スペックは現時点では不明です。2018年1月11日に情報が追加されるようですので、判明次第追記したいと思います。

気になる18イグジストの発売日も現時点では不明ですが、前モデルとなる15イグジストを参考に考えると2018年2月下旬~3月頃ってところでしょうか。

スピニングリール
, , , , , , , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事&スポンサーリンク

Copyright© タックルニュース , 2018 All Rights Reserved.